手汗多汗症|治療法や対処法について

welcome to 手汗多汗症|治療法や対処法について
手汗多汗症を治す方法について記しています。
TOP >

手汗多汗症には神経遮断薬が有効である理由について

自分の意思とは関係なく手のひらにびっしょりと汗をかいてしまう人は、手汗多汗症の可能性が高いです。

生活改善やリラックスすることで症状を改善することができますが、それでも手汗がおさまらない人は病院で治療を受けるしかありません。

病院での治療法の1つとして神経遮断薬を使用した薬物療法が挙げられます。

手汗をかく原因として副交感神経からアセチルコリンという物質が分泌されていることが挙げられます。

このアセチルコリンが多く分泌されてしまうと、自分の意思とは関係なく手汗をかいてしまいます。

そこで神経遮断薬を服用することで、このアセチルコリンの分泌を抑えることができるんですね。

その結果、手汗も予防することができます。

しかし、神経遮断薬は効果が強すぎるため、人によっては副作用として胃腸の機能が低下してしまう可能性があります。

そのような場合は医師に報告して、すぐに服薬をやめましょう。

手汗多汗症に有効な薬物療法について

上記の神経遮断薬以外にも手汗多汗症に有効な薬物療法はたくさんあります。

その中の1つとして精神安定剤が挙げられます。

手汗の原因は様々ですが、その中で1番多いのは自律神経のバランスが不安定であることです。

自律神経はストレスを感じた時に働く交感神経とリラックスした時に働く副交感神経が交互に働いています。

しかし、交感神経だけが活発になってしまうと手汗をかいてしまいます。

そこで精神安定剤を服薬することで交感神経の働きを抑えることができるんですね。

ここでの注意点として、1回だけ服用しただけで手汗が完全に治るわけではありません。

定期的に服薬しなければいけないことと、神経遮断薬と同様に副作用が出てしまう危険性もあります。

薬物療法も始める前に医師に十分に相談することをすすめます。

手汗多汗症には生活改善が有効である理由

手汗多汗症にはこれまで説明した薬物療法も非常に有効ですが、病院に行く前に自身の生活を改善することで症状を緩和することができます。

これからそのポイントについて説明します。

まずは肥満です。

肥満になってしまうと皮下脂肪により、体内に熱がこもってしまいます。

それによりちょっと動いただけで手汗をかいてしまうんですね。

この状態を改善するには適度に運動することで体重を減らすしかありません。

適度に運動することは手汗の原因であるストレス発散にもなるので、ダブルの効果で手汗に有効です。

次に喫煙です。

タバコに含まれているニコチンが交感神経を活発にさせてしまい、手汗をかいてしまいます。

そのため、手汗で悩んでいる人は禁煙することをすすめます。

ただ、急にやめてしまうとストレスを感じてしまい、それによって手汗をかいてしまう可能性があります。

最近では禁煙外来などで治療があるので、これを受けて無理なく禁煙を目指しましょう。

手汗多汗症、手汗多汗症、手汗多汗症

ここをクリックするとページの先頭へ戻ります
©2014 手汗多汗症|治療法や対処法について All rights reserved